ハイになれるのは横浜のデリヘルで最高の笑顔と出逢えたから

横浜のデリヘルでは疲れも吹っ飛ぶほど最高な気分になれる、ハッピースマイルを振り撒いてくれるオンナのコと運命の出会いを果たせたから

*

横浜のデリヘルで出会った笑顔が素敵な女の子

日本の中でもトップクラスの激戦区であり、ハイクラスな女の子たちが揃っていることでも有名な横浜のデリヘル。レベルが高いだけではなく、都心のデリヘルにしては比較的良心的な価格設定な店も多く、稼ぎの限られているビジネスマンには人気の高いエリアにもなっています。
在籍する女の子もいろんなタイプがいて今時のモデルっぽい子や可愛い子やキレイ系な子、清楚な雰囲気のある子やギャル系もいますしぽっちゃりとした子、もちろん人妻さんやかなりの母性で包み込んでくれる熟女さんなどきっと自分好みの女の子を見つけることができると思います。若い子から年配まで思う存分プレイができるのでかなり賑わっているのですね。
人の好みは人それぞれ、いろんなタイプのオヤジがいれば女の子もそれだけ沢山いるもの。そのルックスに伴って、接客姿勢やデリヘルならではのプレイスタイルも本当に千差万別であります。
お母さんのように男性を甘やかして可愛がってくれるというマリア様のように優しく包み込んでくれる女性もいます。かなり寛容な心の持ち主で、人生経験もかなり豊富、普通の女性では考えられないような修羅場などを数々乗り越えてきただけに行き詰まった男性も人生相談をしにくるという利用の仕方もあるそうです。もちろん10代のピチピチギャル相手ではこうした利用は難しいので、人妻や熟女店に在籍する奥様たちになってしまいますが、彼女たいの人生経験は我々の想像を遥かに超えていることも多々有ります。
デリ遊びをする男性の中には別れた女房との間にいる子供がもう直ぐ成人を迎えるなんて人もいるのではないでしょうか、同じくらいの年頃の女の子と遊びたいと思う人がいても全くもって不思議ではありません。まだまだお若いんですね、なんて見え見えのヨイショをされながら風呂場で背中を流してくれたりするのが癒されるひと時だ、なんていう男性もいることでしょう。
同年代くらいの女性と昔の懐かしい話に思いを馳せながら楽しみたいという男性もいるのではないでしょうか、『あの頃はこうだった』『こんなことが流行っていた』なんて共通した話題で盛り上がれることができるのもまた面白いですよね。
そんな店で見つけたお気に入りの女の子とは、できるだけ一緒の時間を楽しく過ごしたいと思うのは僕だけではないはずです。こちらからのアプローチとしてはやっぱりトークです。人間関係をスムーズにするためには相手が取引先の人であっても、それが風俗店であっても変わらないのです。そこで、彼女たちと接する中で好印象を与えられる話し方というのを学びました。

横浜のデリヘルで学んだトーク術

『会話のスピード』
話すスピードが速すぎる人は、余裕がないともとらわれてしまいます。他にも落ち着きがないとか焦ってそう時間的な余裕のない人に見えるなど、印象としてはだいぶネガティブなものが大きくなります。余裕のない人というのは全てに共通するとおもわれるので、経済的にもメンタル的にも同様に思われることがあります。
頭の回転が速い人間イコール話す速度が速いとは限りません。そして饒舌に自分のペースで話を進めようとする人は自己中心的な性格として捉えられることも多いものです。こうしたことから、相手のペースに合わせて話すことができる人こそ横浜のデリヘルでは求められる会話のスピードなのです。
相手がゆったりとしたペースで話すのであれば、できるだけそれに合わせようとすること。この努力が相手に見えるだけでもかなり印象は変わってきますよね、この人は私に合わせようとしてくれているんだと思ってもらうことも好印象につながります。
『専門用語の多用にはご注意』
専門用語ではなくても、ビジネス用語を沢山使うことによって知的でプロフェッショナルのような印象を与えることはできます。しかしここは商談でもビジネスの場ではありません。あくまでもいろんな面で癒しを求めて横浜のデリヘルだということをお忘れなく。
どちらかというと女の子たちはそんな仕事での難しい話は求めていないことが多いです。もちろん、自分的には仕事できつかったんだということを説明したいとか聞いてもらいたいという願望があるにしても、あまりにも専門的な話が多すぎると聞いていても意味がわかならいですよね。伝わらないことは会話として成り立たないということを理解した上で、愚痴なり悩みなりを聞いてもらいましょう。
何よりも自分のもっている知識をわからない人にも理解できるような説明ができるようになることで、仕事的にも自分を伸ばすことにもつながります。わかる人にしかわからないより、わからない人でもわかる話し方は今後の仕事においても必要なスキルになってくるはずです。
『声のボリューム』
聞き取れないほどの声でボソボソっと話をするタイプは、コミュ障なのかというあらぬ疑いをかけられてしまいがちです。恥ずかしいなという気持ちはわかります。でもここは楽しみにしていた横浜のデリヘルなんです。ちょっと部屋の明かりを暗くしてムーディーな雰囲気を作っておけば、明かりが煌々としている中で恥ずかしい思いはしなくても済みますからね。ありがたいことに、女の子も若干暗くしてある方が好きという子も多いですし。このように部屋を演出することで自らの緊張も解すことができる上に女の子からの評判も良くなるのであれば自然と声のボリュームも少しは大きくすることができるのではないでしょうか。
逆に声が大きすぎるというのは相手にかなり威圧感を与えることになります。別に怒っているわけではないのに相手を萎縮させてしまうという結果になってしまいます。いくらラブホテルの防音設備がしっかりしているからとはいえ、そんな大きな声を出さなくても良いということですね。(笑)
そして声の大きい人というのは唾が飛んでくるから嫌いという女の子がいたりします。それから昼間の仕事の上司を思い出させたり、偉そうな話し方をしているようにも捉えられてしまうこともあるようです。あまり良い印象とは言えませんね。

せっかく横浜まで来てデリヘルを利用するんですから、会話も楽しんでこそ彼女たちの笑顔を引き出せると思いますよ。話がなかなか通じない人とはプレイもうまくいかないですからね。こうしたことからも、女の子との意思疎通は大切なことです。
相手が可愛い女の子だからこそ横浜のデリヘルではたくさんのトークと気持ちの良いプレイを存分にエンジョイしたいですよね。
トークが弾まないとこちらの要望もうまく伝えることができないですから、プレイだってうまくスムーズにこちらの思っているようなことができないなんてことにもつながりかねません。
確かに相手はプロフェッショナルではあり、たくさんのテクニックを持ってこちらをもてなしてくれるものです。しかし、それに対してこちらも答えなければさすがの女の子たちも困り果ててしまいます。今責めてくれているところが気持ちいのか、さっきの方が良いとかもっと強くもしくは弱くしてほしいといったことまでは個別で感じ方が違うもの。しっかりと女の子たちの施してくれるサービスに答えてあげるようにするともっと快感を得ることができるはずです。
女の子との接しかたや話し方に少し気をつけるだけで、今以上に面白い体験をできるようになるかもしれないですね。そう思うと今から実践してみたくなりませんか?

公開日:
最終更新日:2016/07/27